作業事例

[ヴォクシー]フロントバンパー・内部修理

損傷状況
フロントバンパーをぶつけてしまいました。。。


押されて内側に入っています。
あまり大きな損傷には見えませんが、、、
修理内容
フロントバンパーを外して内部を確認してみると予想以上に内側に押されている事が判明しました。
フロントバンパーは鉄板ではなく樹脂パーツで作られているので、
ぶつかった後凹んだ部分が元の形に戻ろうとしていた為にボディを見てもあまり大きく凹んでいない様に見えただけだと思われます。
実際はかなり押されていた為、内部の骨格が折れ曲がっていたのと奥にあるラジエータに当たり曲がっていました。
今回の修理はフロントバンパーの取替・フロント内部の板金・そしてこのままだと走行に悪い影響が出る可能性があるラジエータの取替作業になります。
フロントバンパーを
外して内部を確認してみると
フロントバンパーを固定する
内部部品が
押されてラジエーターに
ぶつかっていました。
同様にサイド部分も折れ曲がっていました。
折れ曲がってしまった部分は板金をして
正しい位置に戻してあげます。
フロントバンパーの取り付け固定部分が破損しています。 フロントバンパーは交換です
そして、今回一番重要な部分の
ラジエターを交換します。
〈ラジエータ〉
ラジエーターは車を正常に機能させる大事なものです。ラジエーターは車のエンジンを冷却するための部品です。

走行中のエンジンは高温の熱を発するため、冷却しないまま走行を続けるとやがてオーバーヒートを起こします。エンジンがオーバーヒートを起こすと、エンジンオイルが焼き付き交換しなければならなくなったり、エンジン内の部品の損傷に繋がる場合があります。
あまり修理前と
見た目が変わりませんが
交換作業をして完成です。
修理結果
今回、修理させていただいた『ヴォクシー』は損傷個所がパッと見はまったく傷・凹みが分からない程度でしたが、しっかりと確認をしてみると走行するのに支障がでてしまう恐れがある状態でした。

ラジエータの交換は部品も高く工賃もかかってくるのでどうしてもお客様のご負担が大きくなってしまいます。
(ラジエータ交換相場4万~8万円 部品代+工賃)
ラジエーターの液体が漏れていなければあまり心配することはありませんが、網目のつぶれがひどい場合は冷却効率が下がります。
本来は交換をお勧め致しますが費用の関係で交換をしない事もあります。
網目の修理などありますが、今回はラジエータ自体が曲がっていた為今後の事も含めお客様と相談をして取替をしました。

最近、車の性能(運転アシスト)など良くなってきていてぶつかってもフロントバンパーやリアバンパーを少しぶつけるぐらいだったりします。人や車がケガ・故障をしづらくなることはとても良いことですが、性能が良くなった分 装着部品がとても繊細で少しの位置のズレで正常に作動しない場合があったりします。
外から見る限りボディに問題がなかったとしても今回の『ヴォクシー』のように良くない状態の場合もあります。
ぶつけてしまった時は自分だけの判断だけでなくお近くの自動車修理工場さんに相談する事をお勧め致します。