作業事例

ヘッドライトPCクリヤー塗装

損傷状況
施工内容
ヘッドライトの劣化している部分を下処理をしていきます。ペーパーで研磨して落とします。最初は400番の荒いペーパーで研磨、次に800番⇒1500番⇒3000番⇒5000番と、どんどん細かくしていき深く入ったペーパー目を滑らかにしていきます。次に下処理でもっとも重要な作業になります。磨き作業ですこの作業をしないと完成後の仕上がりに影響します。ヘッドライトの表面は透明色の為、透明色のクリヤーを
塗布します。その為、磨きをしないとペーパー目が出てきてしまうのです。研磨して磨きをして下処理は完了です。
次に、塗装に入りますマスキングをして塗装しない部分を隠します。そして、PCクリヤー(ポリカーボネード)という特殊な透明色クリヤーをヘッドライトに塗布します。(回数は2回です)塗装した後、ブースで1時間・60度で熱をいれて乾燥させます。乾燥が終われば完成です。
400番と800番と1500番で研磨します。
次に、3000番で水をつけながら研磨します。
磨きだけでもこの通り綺麗になるのですが、このままだと表面の膜が取れている状態なので、劣化の進行が恐ろしく早くなります。
下処理が完了して、いよいよ塗装です。2回PCクリヤーを塗布します。
修理結果
表面上の劣化の黄ばみ・汚れは綺麗に取り除くことができました。