作業事例

トヨタ「クラウンHV」フロント廻り板金修理塗装の作業工程詳細

損傷状況
フロントバンパーキズ割れてます、衝撃で左右のヘッドランプ割れていて、写真では解りづらいですが、ボンネットは押し込まれて大きく変形して、歪みが出来ていました、フロントフェンダーは左右に開いて変形していますがキズ、凹みはありません、内板パネルにも少しダメージがあります。
Before After
修理内容
今回は、ぶつけてしまった自分のお車が、どの様に修理されていくのかを知りたくて入庫されました、どうやら、お車を買った所のディーラーに、その事を相談したら「無理、無理。。」と云われての相談でした、お望みとあらば車工房は、お客様のご希望に副って、作業途中の写真を随時メールで送らせて頂きます、それでは、作業に取り掛かります、壊れた部品を外しながらダメージの入力、損傷状態を確認していきます
フロントバンパー  ⇔  新品交換   ラジエターグリル  ⇔  新品交換
バンパーレンホース ⇔  新品交換   左右ヘッドランプ  ⇔  新品交換
フロントフェンダー ⇔  変形修理はメリットを考えて、合えて塗装しない様に、手で元に戻してやります、
ミリ波レーダー   ⇔  新品交換(車の反射板から、戻ってくる電波を検地して判断する仕組みで、その他

自動ブレーキも万能ではない?        の障害物、たとえば人間を見分ける事は事実上出来ません)
フロントバンパーとカバーを外すと内側のダメージが解ります
赤い枠の部分ですが、右ヘッドランプが割れています
右側のヘッドランプと内側のパネルが少し変形してます
ミリ波レーダーにも横に(黄印)衝撃痕があります、自動ブレーキも万能ではないです!
ヘッドランプ交換、青印が新品部品、赤印が壊れた部品です、黄印はレンホース(バンパーの内側)並べてパチリ!
ボンネットを仮止めして、フェンダーとのすき間、段差を調整して、次にヘッドランプも同じ様に調整しながら取り付けます
続いて、微調整しながらバンパーも取り付けてしまいます、ミリ波レーダーを交換します
きっちり、それぞれの隙間段差が整ったら、ボンネットを外して、足付け作業です、
ボンネットの裏側の塗装をして、熱を加えて乾燥させます
裏側塗装が乾燥したら、ボンネットを、元の位置に取り付けて塗装の準備です
専用紙、専用ビニールシートを駆使して、廻りに塗装が付着しないように丁寧に養生します
職人が、程よい緊張の中で”間”をとりながら、3コートパールの本塗装です、
フェンダー、ボンネットを磨き艶出しで仕上げて、ボンネットに部品を組み付けて検査です
最終検査に合格したら、あわあわ洗車と室内を抗菌清掃で完成です!
修理結果
今回は、大事にされているお車の修理が、どの様な形で修理されていくのか、知りたい
と言うお客様のご希望でした、この様な、お客様の期待に応えるべく、ホームページ上で
出来るだけ、公開していきたいと思っております、それにしても、それぞれの新品部品が
高額なのには驚かされました、因みに、ミリ波センサーだけで33万位です